より立派な販売員になるために販売員研修を受けよう

ピックアップ

学校の校舎

新人の人は

販売員として研修を受けるとき、一番始めに受けるのが新人販売員研修です。この研修では、接客における基礎的な部分を中心に講義形式で行っていきますが、講義によっては実践として接客講習を行う場合もあります。

» readmore

メモを取る手

スキルを身に付けたら

何年か販売員を行っていき、接客や販売員としてのスキルが身についたら、顧客をつくれる位の販売員を目指す必要があります。販売員研修では中堅販売員研修としてさらなるスキルアップを目指すことも可能です。

» readmore


様々な販売員

販売員研修は基本的に小売業で多く行なわれていますが、その業種がアパレルなのか、それとも宝石や家具などの高価なものを取り扱うものなのかで販売員研修の内容も異なってきます。

» readmore


研修をお願いする

販売員研修は、ほとんどの場合、販売員研修を専門的に行っている企業に依頼して行なわれています。企業の中では自社で教育を行う部署をつくり、新人指導やスキルアップ指導を行っている場合もあります。

» readmore


教養を高める

寺下史郎がどのような考え方を持っているのかを知りたい方はこちらをチェックしてみましょう。経営のヒントを得られるかもしれませんよ。

会社内に保育施設を導入しませんか?事業所内保育サービスに関わる相談はこちらまで!多くの実績を持っている業者ですよ。

自己開発がブーム

最近、書店に置いても人気の本には自己啓発本やマネジメント本、加えてあらゆる地域でセミナーや研修が開催されています。
このように、自己開発にかける時間をとる人が年々増えてきており、そのジャンルも今では幅広くなってきています。
基本的に、セミナーの場合が講習会のようにとらえる場合が多く、そのジャンルにおけるプロが考え方や経験を受講する人に講義式でおこなうものになります。
それに対して研修は、1つのジャンルに対しての能力や技能を向上させる為に行なわれるもので、考え方を知るというよりかは技術をあげる為に知っておく知識を深めることをメインとしています。
研修の場合であれば、社会人になって初めての新入社員研修や、管理職につく為のマネジメント研修など、特に企業に置いてそのジャンルにおける能力向上の為によく開催されています。
また、セミナーに関しては自由参加であるのに対して、研修は強制的に参加させられることが多く、ほとんどの場合組織において活用されています。

接客業や技術職

特に専門的な技量が必要な仕事やお客様相手に仕事を行う場合は研修も多く、特に販売員研修などは、社員やアルバイト関係なくおこなわれています。
販売の場合であれば、一度店に入ってしまえば、お客様からしたら店長でも新人でも同様のスタッフとして考えられるのでこの販売員研修は非常に重要です。
その他、専門職となる場合、一定の技術向上の為によく研修が行なわれており、その技術に必要な資格取得の前に研修が行われることが多くあります。
企業によっては、その研修に受けて資格を取得をした場合であれば、給与がアップしたり、役職が上がったりすることもあります。
このような研修も、今では外部講師を呼んで社内で開催する場合や、数日かけて行う研修もあります。

企業のトップである社長の考え方に触れて、成長の糧にしませんか?寺下史郎のインタビューがこちらでチェックできます。

新入社員を即戦力に育ててくれる新入社員研修を紹介しています!厳選した五つの研修からより良いものを選びましょう。

教育をしっかりすることで企業の成長を図れます。社員研修の依頼はここへ。実績に優れている講師が在籍しています。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013